Our Column.

「ファーストビュー」でユーザーの心を掴む

商品の配置を少し変えただけで売り上げ倍増になることがあるのと同じで、ホームページ制作におけるコンテンツの配置はユーザーの心を惹きつける重要なポイントです。

伝えたいことを最優先に

ホームページを開いたら最初に見てもらいたい情報が、最も目立つ場所に大きく表示されるべき情報です。
せっかくホームーページを見てもらうなら、できる限り情報を詰め込んで自社のことを理解してもらいたいところですが、見てもらいたい情報のためのスペースを大きくとって要点を目立たせるようにしましょう。
期間限定のサービスがあれば、関連するコンテンツが真っ先に目に入る配置にします。文字だけでなく画像やイラストがあれば、何についての情報なのかを瞬間的にイメージしてもらうことができるでしょう。

カットできる情報は思いきってカットする

ホームページに情報が入りすぎてしまうと、全体がぼやけた印象になってしまいます。
最初に見たページに文字がびっしりと詰まっていたら、読む気が失せてしまうのではないでしょうか。
そうかといって画像やイラストがやたらと多くても落ち着きません。見てもらいたい情報を大きく目立たせたら、さほど重要でもない情報は思いきってカットしてみてください。
わかりやすいホームページのコンテンツを見たユーザーが内容に魅力を感じれば、ホームページに書かれていない情報について問い合わせてくれるかもしれません。
山盛りの情報を押し付けてしまうよりも、ユーザーの好奇心をくすぐったほうがはるかに効率的です。

見せたいコンテンツは画面の左上に

ユーザーの視線は、画面左上を起点に「Z」の文字を書くように動くと言われています。
そのため、確実に見てもらいたいコンテンツは、画面の左上に配置するのが基本です。
右側の画面については、ユーザーの使用している端末の画面サイズによって表示されないこともあるので注意が必要です。
ホームページは、本のように「読む」というよりは雑誌のように「見る」ことから中身に惹きつけられるものです。
こだわりのイメージ動画や読み応えのある文章を入れたとしても、視覚的にわかりにくければ関心を持ってもらえないことを理解しておくことが大切です。

ユーザーが見たいものかどうかをよく吟味する

画面左上に見せたいコンテンツを配置する際に考えなければならないのが、そのコンテンツがユーザーのニーズにマッチしているかどうかです。
ファーストビューでユーザーを惹きつけることができれば後につながるので、「制作側が見てもらいたいコンテンツ」は「ユーザーが見たくなるコンテンツ」になるよう工夫しましょう。