ホームページ制作・システム開発・ITコンサル・印刷物制作なら、札幌の株式会社syushuへご依頼ください!

札幌のホームページ制作はこちらへお電話を:011-211-0680
札幌のホームページ制作に関するお問合せ

Our Column.

ホームページ制作を発注するための準備

ホームページを制作したいけど、どこに(誰に)頼めばよいのかわからない。という人も多いでしょう。ホームページ制作の発注は、形のある商品を購入するのとは違い、「ホームページ制作」という目に見えない作業の発注です。完成するまで全貌はわかりませんし、発注する制作会社によって成果物も異なります。そのため、何を基準に発注すれば良いのか難しく悩んでしまうのです。

ツテやコネがあるなら活用しよう

企業のWeb担当者に指名されて業者選定をするにあたって、社長や上司から「ここの会社、使ってやってよ!」とコネのあるホームページ制作会社を紹介されることがあります。そういった場合は素直に従った方が吉かもしれません。
そのような紹介先は、社長や上司との関係性があるため信頼できる場合が多いというのが一つの理由です。もう一つの理由としては、少し後ろ向きな考え方ですが、万が一、その制作会社のクオリティが低かったり納期を守られないなどのトラブルがあった場合、担当者ひとりに責任を押し付けられにくいというメリットもあります。
担当者として他に業者の心当たりがないのであれば、無理せず素直に従った方が良いでしょう。ただし、制作着手から公開後まで付き合うことになる業者を選ぶわけですから、「本当にその制作会社に発注して目的を果たせるか?」を冷静に見極めることも大切です。

どこも発注先がない場合

前述のように、社内からの紹介等が無い場合は、自ら発注先を見つけなければなりません。実績を見ればクオリティのレベルは大体わかると思います。候補先をいくつか絞って見積もりや提案をもらいましょう。最終的に発注先を決めるにあたって、Web担当者としてもっとも重視してほしいのは、「信頼関係が築けるか?」という視点です。
企業のWeb担当者としてホームページの新規立ち上げやリニューアルを任された場合、その業務は想像以上に大変です。ホームページは自分が働く会社のイメージや商品の売れ行きを左右する大切な資産です。企業のホームページ制作プロジェクトの進行過程では担当者だけでは判断がつかないようなことも多々発生します。社内調整にも膨大な労力を要するでしょう。そのような様々な場面において、発注先である制作会社に信頼できる担当者がいるかいないかは大きな違いです。通常、ホームページ制作会社とは公開後も長い付き合いが続くものです。だからこそ、「本当に自社のことを考えてくれているか?」「味方として信用できるか?」「何でも相談しやすい相手か?」は制作会社選びにあたって重要な選定基準なのです。

もちろん、「条件」を比較することは必要です。見積もり金額や提案内容を吟味するのは当然のこととして、最後の決断は、「本当に、この人と信頼関係が築けるか」をきちんと見極めることが大切です。制作会社も個人経営から大企業まで大小様々ですが、企業の規模やネームバリューだけに流されず、制作会社の担当者の人となりや相性なども重視してください。

「ホームページ制作の条件」とは

恋愛でもそうですが、信頼関係は双方向で成立するものです。特にビジネスにおける信頼関係は、双方に相応の見合いが無ければ成立しません。
こちらがいくら信頼しているから制作してほしいと伝えても、その制作に見合う適正な対価と時間が与えられなければ制作会社はその信頼に応えることができません。これらの条件をきちんと提示することで適正な見積と提案を得ることができます。
また、条件には、「優先順位」を決めておくことも大切です。「予算」、「納期」、「クオリティ」などいくつかの条件の内、最優先すべき条件がどこにあるのかを整理して伝えるとスムーズです。費用、納期、内容・・・どんな条件をどういう順番で優先するのか、少なくとも社内では共有しておきましょう。

「高い費用を払えば良いものができる」とも限らず、「他社よりも安ければお得」とも言い切れないのがホームページ制作における業者選定の難しいところです。