Our Column.

オリジナリティのあるホームページを作るために

ホームページ制作の最初のステップは、同業他社のホームページをチェックすることです。オリジナリティのあるホームページを作るためにも、まずは他社がやっていることを徹底研究してみましょう。

まずはライバルの存在を知るところから

他社のホームページをチェックするポイントは、いいと思うものだけでなくイマイチだと思うものについてもしっかりチェックすることです。5つぐらいのホームーページを見れば、ある程度の傾向は把握できるかもしれませんが、オリジナルのホームページ制作を目指すならその10倍ぐらいの数を目指してみてください。オリジナリティあふれるアーティストの多くは、他のアーティストを見てマネしていくうちにオリジナルのやり方を創り出しているものです。ホームページ制作も、ぜひ他のホームページを見てマネしながらオリジナリティを出していきましょう。

勝ち抜き式でホームページを厳選

ホームページを開いた瞬間の見た目の良さは大きな武器になりますが、本当に強いのは中身のあるホームページです。自分がお客さんなら、このトップページを「見るだけで終わる」のか「次の行動を起こす」のか、お客さん側の厳しい視点で評価してみてください。一気に何十ものホームページを比較するのは大変なので、3つのホームページを比較して一番利用したいと思ったものを選ぶ「勝ち抜き式」で絞り込むのはいかがでしょうか。そうして絞り込んで最終的に残った数社のホームページを、今度は徹底的に分析してみましょう。

「なんとなく受ける印象」は重要なヒントになる

各ホームページを分析する前に、ホームページをざっと見た印象について書き留めておきます。繊細に作り込まれたホームページはカッコいいのですが、見た人の行動につながるとも限りません。他の人に協力してもらっていくつか感想を集めてみるのもいいでしょう。多くの人は、ホームページの隅から隅まで読み込むことまでしないので、ざっと見て感じる印象がお客さんの第一印象だと考えたほうが現実的です。

気になる部分は全部リストアップ

それぞれのホームページを見て良いと思った部分を、できる限り具体的にリストアップしてみましょう。「見た目がオシャレ」「欲しい情報が見つけやすい」「サービスの内容がわかりやすい」「何をしている会社なのかがわかりやすい」「言葉のセンスが良い」など、些細なことをしっかり抽出します。これと同様に悪い点についても細かくリストアップします。「ごちゃごちゃしていてわかりにくい」「文章がわかりにくい」「知りたいことが載っていない」「情報を探しにくい」など、このときばかりは重箱の隅をつつくように悪い点を見つけ出してください。「このぐらいはいいか」と妥協せず、少しでも気になったら抽出しておきましょう。